大宮でAGAに悩んでいるならプロペシアを試してみよう

最低でも6ヵ月以上は継続的に服用することが大切

日本では、男性の10人に1人がAGA(男性型脱毛症)に悩まされていると言われる最低でも6ヵ月以上は継続的に服用することが大切プロペシアは食事の影響を受けにくい治療薬

しかし、フィナステリドは、DHTの生成に欠かせない5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるため、プロペシアを服用するとDHTの生成が抑制されます。
その結果、ヘアサイクルの乱れが徐々に正常に戻っていくため、毛髪が強く太く成長するようになって薄毛が改善していきます。
また、プロペシアは1日1回1錠の服用を継続することで薄毛の改善を図ることができますが、その効果を実感できるまでには6ヵ月程度必要です。
早い方の場合は4ヵ月程度で効果を実感できることもありますが、乱れたヘアサイクルが正常に戻るには時間がかかるため、プロペシアを服用したからと言ってもすぐに効果が得られるわけではありません。
もし、効果が実感できないからと言って服用を中止してしまうと、再びDHTが過剰に生成され始めて脱毛が始まって元の状態に戻ってしまいます。
そのため、最低でも6ヵ月以上は継続的に服用することが大切ですが、6ヵ月以上服用しても効果が実感できない場合は正しく服用していないか、AGA以外の原因で薄毛が起こっている可能性があります。
ただし、医師による診断を受けた上で経過確認をしっかりと行っていれば、6ヵ月以上服用しても効果が実感できないことはほとんどありません。