大宮でAGAに悩んでいるならプロペシアを試してみよう

日本では、男性の10人に1人がAGA(男性型脱毛症)に悩まされていると言われる

日本では、男性の10人に1人がAGA(男性型脱毛症)に悩まされていると言われていますが、大宮にもAGAに悩んでいる男性は少なくないでしょう。
AGAを発症する原因は生活習慣の乱れやストレス、遺伝など様々ですが、薄毛は日々のケアを怠らないとともに、適切な治療を受けることで改善することが可能です。
一方で、市販の育毛剤や発毛剤などの薬剤を使用したり生活習慣を見直したりしているものの、中々薄毛が改善しないという方も非常に多いかと思いますが、そのような方におすすめなのがプロペシアです。
プロペシアは、世界初の内服タイプのAGA治療薬で、現在は世界60カ国以上の国で承認されています。
医療用医薬品なので使用するためには医師から処方してもらう必要がありますが、有効成分であるフィナステリドは、AGAを引き起こす男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きを有しています。
DHTは、ヘアサイクルにおける成長期を短縮させる要因となるホルモンで、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生成されます。
ヘアサイクルの成長期は通常2?6年ほどあるのですが、DHTが過剰に生成されると成長期が短縮してしまい髪の毛が十分に成長しきる前に抜け落ちてしまって薄毛が引き起こされるのです。

日本では、男性の10人に1人がAGA(男性型脱毛症)に悩まされていると言われる最低でも6ヵ月以上は継続的に服用することが大切プロペシアは食事の影響を受けにくい治療薬